image


読売の人生案内に 大学生の
"制約の多い人生に疑問"
の相談記事を見た。

制約以外は自由ー

そう捉えると少しは気楽な心持になるよね。

誰しも制約条件を抱えた中で大人になっていくー

その制約の範囲やそれを自己の事(責任)とする(できる)か、しない(できない)か。
契約とか登記とか、重要事項は処理しない限り早かれ遅かれ責任がつきまとう。

自分で築くものならまだしろ、祖先や親、きょうだいによる影響は 大概の方は抱え妥協納得しながら 暮らす事だろう。

「あんたは何ひとつできない。築こうとしない。」

親が自分に向ける言葉だ。

あぁ、自分が欲しいものを築いて増やすなんて今すぐにでもできるよ。
その生じる事に対し責任取れるのか?

今在る自分(親)のモノすらろくに扱えずこっちにふりかかる一方いうのに。

過去、特に現在〜今後の子の価値(幸せ)=自分(親)の価値(幸せ)とは限らない

親の価値(幸せ)=継続、妥協納得、後先、
いろいろ考慮上で調和保持

ま、うちの親のような人はブログいう存在なんて知らないし、読みもしないよ。

ホッピーの宣伝にこんな言葉があったよ。↓

人生それぞれ生き方があるようにお酒の味わい方も人それぞれ
飲む人の自分らしさを後押ししたいー

鬱気味や過食傾向者が大きな口をたたくようだが、自分は病にかかりたくないからね。長寿も勘弁してくれだが。

制約、自由陶酔のバランス

対象は 自分はじめ 人、物、金
飲食物、動物、植物
業や学歴資格、場所や環境だったり...

今在るものから 何を "財"とするか
ないものから "財産" を築くか

取捨選択、私利私欲の加減具合は 個々の判断責任のもとで?

image


自分は 取り合えず 近々 朝coco's 行きたいと思っているよ。o(´Д` )o