仁侠こぼっち看護人の遠吠え-下餞どん底バージョン

明るい兆しは何時何処に?まっしぐらにさまようグレーな人生。

犬散歩とイオン行以外は自宅にいたけど、何か寒いね。

ま、おかげで犬もしっぽフリフリ元気だったし、身体怠くなくていいか。上着を羽織っているよ。( ´-`) ブルブルッ

初めての特養慰問は自分に緊張、刺激的だったかな、制限あったりで 来年は自分行けるかどうかわからないけどね。

普段 ptを見舞い面会するfaや関係者の方を見てても思う事だが、 自分を信じて(自信ある事) できる事を日々続けていけたら 我が人生は十分ではないかと、思ったりするね。

IMG_0396


とにかく先が長い長い。( ´Д`)
施設の利用者の方、faの方は 推定70-90歳代、スタッフも 推定60歳前後の方中心にバリバリ働いている。
ちなみに こっちも 20-80歳代で稼働。

何れ迎えるその頃の自分になるまで、温存する必要もあるかと思ったりもする 反面 、今この時しかない時に軌道?に乗る必要性を感じたり。

石橋を叩いて渡る まではないが、ゴール(目的や目標、望み、既に解っている制約や課題)を置いて 行動に移すとしようか。
いい加減、今月こそ年始に掲げた豊富を見直したいね。

tvでも観ながら早めに寝床につくよ。

私事 特養慰問を無事に終えたよ。

大勢の利用者の方、faの方を前に 予定曲を披露。

曲毎の拍手に 唄を口ずさむ方、話される方、まだ聴かせて!という声もあったり。

IMG_0388


こちらへは代表の方中心の対応だったが、催しやすいよう 細かいところまで配慮が行き届いている。ハード面も 隅々清潔で整理整頓されている。きっちりしてそうな施設だった。

IMG_0389


最寄駅から施設間の送迎に、食事お茶付、何かともてなしていただいた。

自分も小学生時 今回同様 中学からの慰問演奏の聴衆の一に始まり、現在に至っている。

音楽等 芸術文化は 個々の興味関心に差もあり また このご時世 風当たりはますます厳しく思う。自分も、いつまで続けられるのだろうと不安になる事も多い。

今回は 貴重な経験をさせていただいたと思う。少しでも 文化の振興の架け橋、きっかけになれば、幸いに思うよ。

週末初っ端は 妹が来て大変だった。
妹は実家では利用客な態度だからね。

その合間 親と 換気扇の掃除をやったよ。油まみれになって一着ボツにしたよ。ま、安古着だからいいけど。
おかけで体力消耗したよ。(|| ´Д`)
普段からこまめにやってれば独りでできて楽に思う。

それにしても 涼しくて過ごしやすい、寝床につくとすぐ眠ってしまうよ。

福岡の妻子殺害に、東名の自家用車とバス衝突事故と痛ましい。

福岡の件
旦那は働き盛りの警官、奥さんは社交的、共に30代半ば。子は小学生。二年前にマイホームを構えて、と ホンマこれからという家族の間に何があったんだろうと、思うね。
日々の報道をみていきたい思うよ。

東名の件
自分も2w前 時間は違うが同じ道程だった事を思うと決して他人事ではないと思ったよ。
自家用車を運転する 医者62歳は亡くなり、バスの運転手はじめ乗客は重軽傷を負うも全員無事。運転手の対応は的確だったようだ。

IMG_0381


前々からの予定通り、これから某特養へ行ってくるよ。

美空ひばりにいずみたく、童謡、六甲おろし 頑張って披露してくる。

” 川の流れのように” が頭から離れない。
洗脳されているよ。( ;´Д`)♪

このページのトップヘ